運命の女神とネットワークと

「運命!?運命などに俺の人生を左右されてたまるか。」(ラインハルト・フォン・ローエングラム)、「運命というならまだしもだが、宿命というのは、じつに嫌なことばだね。」(ヤン・ウェンリー)と中々嫌われている運命(宿命のほうが嫌われている・・・)であるが、「運命の女神は、積極果敢な行動をとる人間に、味方する。運命の神は女神なのだから。彼女に対して主導権を得ようと思うなら、乱暴に扱うことが必要なのだ。運命は、冷たいほど冷静に対してくる者よりも、征服したいという欲望を露わにしてくる者のほうに、なびくようである。」(ニッコロ・マキャベリ)や「運命の赤い糸」と言われるように、昔から気にされていた概念でもあるのでは。しかし「運命の赤い糸」に関しては、それを「運命」と言ってもいいし、「タイミング」と言ってもいいのではないかというのは結婚経験のある男女の共通見解ではないかと思う。私が話した範囲の既婚の方は男女問わずこの意見に賛成だった。つまり、付き合い始めるのも、お互いに彼氏彼女がいない状況で、そろそろ欲しいなと思うタイミングが合ったのであり、結婚もそれぞれの人生設計の中で今が良いというタイミングが合ったからであろう。極論すると(検証できないが)別のタイミングがあれば別の人と結婚をしていたかもしれない。そういう意味でいうと時間と空間の制約というのは改めて大きいなと思う。とは言え、そのタイミングで出会ったお互いが、一緒に時間を育んでいく事とその結果できたお互いの関係や思いはPreciousだと思う。だからこそ、一期一会、人の出会いや縁というのは重要だと言われるのであろう。

「ニッコロマキャベリ」の画像検索結果
みんな大好きフィレンツェの外交官、ニッコロ・マキャベリ。大学生くらいで彼の本を読むと、「うわ、かっこいい!!」と思うこと請け合い。

このような思いになったのは最近だ。大学生の時までは、ロジカルが全てだと思っていたので、運とか縁とかコネとか、訳のわからない物は悪だと決めつけていた。友達のことは大事にしていたと思うけれど。コネも全てが悪いわけではない。コネのおかげで当事者同士の信頼関係の構築がSpeedyになるであろうし、就職の採用側にとっては最初の篩いとしてコストを抑えられる。そこには当然、信頼する人を紹介するという紹介する側にも責任とリスク(紹介した人が紹介先であまりよい働きをせず、紹介元の自分のReputationが下がる、等)が伴うことが前提だ。コネだけで採用を決める必要はなくて、その後適切な面接をすればよいのであろう。逆にコネだけで採用される(してしまう)場合は結局すぐ辞めてしまったり、折り合いが悪い状況が続いたりという悪い話しか聞かない。

日本人はコネを使うのがあまりうまくないと思う。後述するが、留学時に私の周りにいた人達はネットワーキングがうまかった。一方で、日本ではそういう欧米のネットワーク(≒コネ)を使って旨くいっている表面だけを見て中身がないコネだけを頼りに利害関係が強い方に突っ走る場合が多いのではないか?私もまだまだコネの使い方は慣れていないので、しばらくは情報交換等のなるべく迷惑にならない形に止めたいと思っている。

一方で、MBA全般的に、またイギリス人(と言っても私の知っている範囲はEstablishmentだが)は、時間を共有した場での“たまたま”の出会いを大事にする。以前記載したImpulse Programmeで出会ったJamieはたまたまそのプログラムでチームが一緒になっただけなのに、私の話を真摯に聞いてくれたし、その後もちょくちょくやり取りがある。これは、彼がVenture業界にいるからかもしれない。別途記載したいが、私は今Corporate Venture Capital(CVC)でStartup関連の仕事をしている。この業界に入って、さらに出会い、タイミング、の重要さが分かる。例えばAIについてのStartupと協業したいと考える。理想的にはMECE(お互いに重複せず、全体に漏れがないに世界中のAI Startupを探索して、その中からベストな協業先を選ぶべきだ。しかし、技術の発展も早く、興隆の激しいStartup業界、調査している間に各々のStartupの状況は変わる。それならば、その時の、例えば何かのStartup Eventで出会ったそこそこ協業できそうな会社と始めた方がいい。もちろん、そこで出会ったStartupより協業可能性の高いStartupはどこかにいるかもしれないが、その会社に会えるかどうかも分からない。これが「出会い」が重要な所以だ。

「Docomo Ventures 2020」の画像検索結果
Docomo Ventures 2020のStartupブースの例

ちなみに、現職の日立製作所CVCのポジションは、採用ページにポジションが掲載されていて応募したわけではない。ポジションがないかどうか含めて「お問い合わせフォーム」から直接メールした結果だ。普通「お問い合わせフォーム」から採用が始まるケースはない。運がよかった、と言えなくもない。が、直接メールをしたのは何も現職だけではなく、他にも直メールをしたり、別の手を打ったりした結果である。他にも以前記載したJapan Trek企画時にはスタジオジブリの星野会長にお会いすることができたが、これも直接メールした結果だし、2009年頃に前職のIBM内でSKE48の講演をしたく会話したのも直接SKE48の事務所へお問い合わせフォームから直接連絡した結果だ。Cambridge MBAの先輩でアジア人で唯一のヨーロッパのサッカー放映権ビジネスを手掛けている岡部恭英さんのInterviewでもCambridge時代に「約100人のサッカー関係者と会い、最終的にはエバートン(イギリス)とインテル、ユベントス(ともにイタリア)からインターンの承諾を取り付けた。」とある。つまり、運を味方につけるには数打つ事(努力?もしくは行動?)が大事なのではないか?「宝くじが当たる人はたくさん買っている」と言われる。

運命の女神に見捨てられないように行動しつつ、うまく活用できたらと思う。

投稿状況Reviewと今後の執筆

実は、そろそろMBAコース中の記載したいと思っていたネタは大半が完了している。後は、MBAコースの中で結果となる「就活」についてだ。これが1回で記載できる分量か分からないが。加えてもう1つネタがあるので、その2つで大枠本ブログの区切りとなる。とは言え、まだまだ記載することがあるので、それらについて簡単にここで述べたい。本ブログを始めるにあたり、「ブログを始めるにあたって(執筆内容について)」を記載した。その際には、

  1. ケンブリッジ大学 Judge Business School(MBAコース)における経験の記録
  2. ケンブリッジ大学やイギリスの社会、文化
  3. 英語勉強法一般
  4. MBA受験(私費)
  5. 妻の妊娠、出産、そして子供の成長

ということになっている。比較すると、現在の投稿状況は以下である。

こう見ると、生活が一番多いが、それは旅行関連が多いからだろう。MBAの事全然話してないな。。。とは言え、MBA CourseとSocial EventがMBA期間の肝なので、それを合わせれば22投稿となって全41投稿の半分以上を占めている。一方で元々「記載する予定」と書いていた、「英語勉強法一般」や「MBA受験」については全く投稿がない。が、実はMBA期間中に「これは英語/MBA受験関連も書くのは無理だ」と思い、一旦スコープから外したのだ。今回、MBAコースの内容がひと段落したことで、これらの話題の割合を増やそうと思う。MBAを狙っている皆様にはもちろん、英語スキルを「下の中」から「上の下」(私自身はそのくらいだと思っている)に上げる事を考えている皆様にも役に立てばと思っている。

男性の育児:魅惑の平日児童館

帰国して間もない秋、平日電車に乗っていたら、ベビーカーを引いたお母さん二人組(たぶん私より少し若い)がお話をしていた。完全に同意できる内容だった。それは「もう、ワンワンがいないと生きていけない~」「うん、ほんと、ほんとー」。話に加わりたいくらい同意できた。後述する。

育児ネタの書き込みが少ない。旅行ネタも表題ばかりは「0歳児の」とか記載しているが、後半のブログの中身に娘はあまり出てこない。それもそのはずで、一般男性よりは育児をしていると思うが、MBAと就活で忙しくなることもある。旅行の話も、これまで記載したようにヨーロッパのレストランには基本ベビーチェアがあるし、ホテルはどこもベビーベットを用意してくれる。レストランもホテルも飛行機も現地では大変な事もあるが、それは毎回同じなので繰り返し記載することもない。・・・ということで、内容が減ってしまったのだが、たまには育児にフォーカスして記載したい。

最も育児をしていた時期は、間違いなく、帰国から業務開始までの1.5か月間、特に後半の1ヶ月間だ。帰国ネタに記載の通り9月中旬に帰国した。そして11月1日から業務を開始した。この間最初の1ヶ月間は実家に住み、家を探して、後半半月は今の家で過ごした。9月中は就活もあったので、実際の育児は10月いっぱい。ここで育児にフォーカスした理由は、やっと帰国して、これまで大変だった妻に少しリラックスして欲しかったのと、新居の荷物整理のためだ。いい育児経験だったと思う。

まず印象的だったのが、児童館の大切さが分かった事。児童館というと小学生の時に少し行った記憶しかなく、世の中にとって意味のあるものかどうか分からなかった。しかし、正直、児童館と「ワンワン」がいなかったら生きていけない。。なぜなら、家に幼児といても基本的にすぐにグズる(つまり飽きる)。狭いし、いくらおもちゃがあってもたかが知れてる。大人と一緒で刺激を求めている。その点、児童館に行くと、広いスペースで遊べるし、おもちゃもいっぱいあるし、同年代の子もいて、よい刺激を受ける。杉並区(だけではないが)には子育てプラザというものがあり、乳幼児が主対象だ。主対象なだけで、幼稚園児~小学生も遊べる(逆に児童館でも乳幼児室はある)。1日を午前と午後にわけて、どちらかは児童館へ、どちらかは子育てプラザへ行っている。乳幼児がいると、やはり子育てプラザの方が楽しめる。新しいし。Partyをしたりする集まる場所としても使えるようで妻も妊娠中に知り合ったママさん達とお昼子連れPartyをしていた。イベント(歌イベントとか弦楽器演奏会とか)も定期的に実施していて、非常に助かる(区の施設なので基本タダ)。

成田西の子育てプラザ、実は去年(2019)出来たばかり

最初は抵抗感が少しあった。やはりヨーロッパと比べて男性の育児に対する認識はまだまだ甘い(と思っている)。Cambridgeでは土日も平日も変わらず、図書館や公園に子供と男性が一緒にいるのをよく見かけた。その点、平日に子育てプラザ(児童館)に行くのは少し勇気が必要だった。「あの男の人なんなのかしら?」とか思われたり・・・いや、実はそんな思っているほど他人が自分の事を気にしていたりはしないのだけれど。実際、一回行ったら何のことはない、保育士さんも優しいし、お母さん達も子供達もそれぞれ遊んでいて、特にお母さん派閥があるような感じもない。土日はお父さんもたくさんいる。平日は大人の男性は私一人の事が多くて、男子校⇒大学機械工学科だった私にとっては初めての女性がたくさんいる環境であった。これは初めてのハーレム状態!!ウキウキして児童館通いをしたものだ。

とは言え、10月末までの期限付き平日児童館なので、特にママ友?パパ友?が出来たりはしなかったけれど。そういう意味では、お母さん達もみんな友達同士というわけではなく、子供と二人で遊んでいる方がほとんど。乳幼児を抱えているとコミュニティーを作ったり参加するのが幼稚園や小学校より難しく、育児は孤独、と言われるのだろうか?そういう意味ではCambridgeでは本当に妻にお世話になった。だからこそ、少子化対策もあり、行政も色々力を入れているのだろう。一人の時は分からない。とは言え、妻は平日児童館に行くと「よく会うお母さん(達)」の話をする。やはり私が一か月通ったくらいでは分からないコミュニティーもあるのであろう。

ちなみに今週ちょうど新型コロナウィルスのせいで、公立学校系の休校が始まっている。児童館は通常運営のようだ。実際、共働きの方々で、特に小学校低学年生がいらっしゃる場合は学校も休みで児童館も休みだときついと思う。一方で、小学生は児童館に行くのも自粛で、基本自宅待機のようだ。よって、児童館も特に混んでいるわけではない。あとは紙オムツの買い占めが始まって、もしなくなったら恐怖。。。ちなみにうちは、トイレットペーパーもティッシュも買いに行っていない。少し抑えめに使っている程度。

前述のように1日を午前と午後に分けて、ということは、つまり、育児に自由時間はほぼ皆無ということだ。仕事中なら、移動時間や合間の時間、お昼時間は自分の時間にできると思う。しかし、育児では幼児から目を離すことはできないし、逆に離れるとすぐ泣く。よって、彼女彼らが寝ている時しか時間がない。そしてその時間内に掃除洗濯料理をしなければならないのだ(この期間は私はしてなくて、妻がしていた、もしくは現状しているが)。その時間も予定通り行かないことが多い。外の車の音や、宅配便の呼び鈴、つい大きな音を出してしまったり、等々ですぐ起きる。なんとも育児がブラック企業と言われる所以ですな。

さて、そんなブラック企業の救世主が「いないいないばあっ!」のワンワンだ。これはお母さんと一緒の幼児用の番組でEテレで毎日放送している。我々が幼児の時にはなかったと思うが、すでに長年続いているようだ。(ちなみに妹の旦那が私の10歳下なのだが、ワンワンを子供の時に見たと言っていた。衝撃。)実はCambridgeにいる時も動画で見ていて、すでに大分お世話になっていた。ワンワンを見ている間は子供が静かなので、家事ができる(by 妻)。一方でTV中毒は今も昔も親の悩み。TVばかり見せていたら発育も悪くなるし、子供と親のコミュニケーションの頻度も下がる。見せすぎは良くないのが難しいところ。いや~でも本当にワンワンいなかったら生きていけないです。。。

メインキャラのワンワン。好きなネタは踊りまくって疲れながらも「ワンワン5歳です」。中の人は絶対おっさん。

幼児育児の大変さが分かってよかったと思う。時短勤務のお母さんたちが「仕事の方が楽」というのもよくわかる。もちろん今も妻には迷惑をかけているが、土日はほぼほぼ私が育児をしている(・・・と思っているが。。)。

幼児虐待の悲しい事件は度々発生しているが、本当に悲しい思いになる。子供は当然可哀そう、可哀そう過ぎるが、この事件は若いカップルに多いと思う。私はいくらか歳を重ねてから子供を授かったので我慢できる部分もあるが、若いうちに子供が出来たらもっと大変だろうと思う。日本は性教育の指導が甘いという指摘がある。育児に対する国としてのMaturityもこれまで記載してきたように比較的低いと思う。一方で、以前記載したが、育児のポリシーは欧米はどちらかというと「ほっぽり系(泣かせっぱなしとか)」、日本は「常に100%子供の世話」だ。どちらが良いとは言えない。それによって、ヨーロッパ系の大人になり、日本人の大人になるのだろう。私は日本のやり方の方が好きだが、こっちの方が大変だと思う。そこにも男女の育児と仕事に対する平等化の難しさがあるのかもしれない。